2012年11月28日 (水)

動物栄養学

ドッグカフェ専攻では、「犬のごはんの食材栄養素やその特徴」・「ドッグフードの種類や選び方」・「手作り食のメリットとデメリット」などについて幅広く学んでいます。また後期からは学生一人ひとりが考案した犬の手作り食を作り、学校犬の試食を行っています。

今回はその中から1つご紹介したいと思います。「ドッグカフェ 砂肝を使った低カロリーご飯」材料は砂肝、かぼちゃ、小松菜、しらす、しょうが、白ゴマを使用( 全体139g135.4kcal) しました。砂肝は、ビタミンK、B12 の含有量が多く、ビタミンKは血液凝固作用と骨形成の作用があり、骨密度の維持や骨折予防の有効性が示唆されています。

20121213_213519 20121213_213537 20121213_213549

今回のメニューのポイントは、秋野菜のかぼちゃを使用して季節感を出したこと、また、しょうがとすりつぶした白ゴマをふりかけることで食欲増進を図りました。そして、ほうれん草より栄養価の高い小松菜を使用して、全体バランスを考えました。

メニューを作ったあとには学校で飼育しているゴールデンレトリーバのくうちゃんに試食してもらいました。器につくったごはんは数秒で完食となりました。元気いっぱいに食べる犬の姿が「またおいしいごはんを作ろう」という意欲を高めてくれます。これからも一頭でも多くの犬が喜んでくれるごはんの提供ができるように学んでほしいと思います。

|