2012年12月15日 (土)

グルーミング検定実技試験

11月27日(火)にペットトリマー専攻の2年生を対象にグルーミング検定実技試験が行なわれました。この資格は、実技試験に先立って行なわれた筆記試験と今回の実技試験の両結果で合否が判定されます。

実技試験では二人で1頭のトイ・プードルを最初から最後まで2時間以内に仕上げ、ポイント制で合計点数を換算します。試験開始前には必ず担当する犬のカルテの確認、使用する道具の確認、健康状態のチェックをします。

20121213_211926 20121213_215001 20121213_211911

そしてここからが時間との戦いです。まず犬の体温を測り、その後耳の中をきれいにします。そして足裏やお腹まわりの毛をカットし、全身のブラッシングをし、手早く爪きりをします。その後シャンプーとトリートメントをし、サロンでプロトリマーも使用しているスタンドドライヤーを使用してしっかり乾かしていきます。最後は足まわりやボディ、顔まわりのカットをして終了です。

012g06854 012g06869 012g06450

学生はトータル2 時間という時間を意識しつつ、オーダー通りのカットにするため、ペアとなった学生と声をかけ合いながらテキパキと作業を進めていきました。大きなケガや事故もなく、全員がカットを終えることが出来ました。結果発表が楽しみです。卒業後、プロトリマーとして働くときにはスピード、カットバランス、集中力、トリミング道具の扱い方、そして犬との接し方が大切かつ求められます。

残り数回となったトリミング演習授業を、目標を高く掲げて取り組んでいって欲しいと思います。

|