2012年12月 7日 (金)

東洋医学 ~動物の鍼灸~

11月24日(土)動物看看護福祉専攻3年生と動物看護士専攻・動物理学療法専攻2年生合同で『東洋医学〜動物の鍼灸〜』の特別講義をおこないました。

講師は、獣医師の小林初穂先生です。小林先生は、社団法人 日本ペットマッサージ協会(JPMA)の理事もされており、いろいろな動物病院で犬の鍼灸を行っています。講義の内容は、東洋医学の効果についてお話を頂きました。まずは、人間の体のツボを説明していただき、その後、犬のいろいろなツボと効果を説明してたいただきました。

S_ Rimg4423 Rimg4421

説明後、学生達は実際に体感するため自分で鍼やお灸を試していました。今回、初めて鍼やお灸を体験する学生がほとんどで最初は自分で鍼をさすことに戸惑っていました。

Rimg4414         Rimg4417_2

進めていくうちに電気治療を体験したり、お灸をしたりと、とても楽しそうに参加していました。自分の体の不調を先生に話してツボを教えてもらい、お灸を当てている学生もいました。自分が体感したことで、動物の鍼灸にも興味をもったことと思います。

|