2013年8月 5日 (月)

トリミング合同演習 ~ペットトリマー専攻~

622日(土)から夏休み前までペットトリマー専攻では、毎週土曜に1年生と2年生の合同トリミング演習を行いました。この授業では犬1頭につき2年生1~2人、1年生2人が担当します。2年生はしっかりと1年生に教えなければならないという緊張感が高まり、知識と技術だけでなく、時間管理や的確な指導力も必要となります。1年生は間近で先輩のカット技術を見ることができ、1年後の目標が明確に立てることが出来るようになります。

 

Img_6955_2


Img_7052_9

 

 

普段から授業でトリミングする犬はすべて学校近隣で飼われている一般の家庭犬のため、犬種や年齢、性格、飼育環境、もちろんカットの注文内容までさまざまです。そのなかで、その日担当する犬の個性に合わせてより適切な対応を勉強していきます。犬種はトイ・プードルやミニチュア・シュナウザー、ポメラニアンなどの人気犬種から、ゴールデン・レトリーバーとスタンダード・プードルのミックス犬であるゴールデン・ドュードュルという体重35kgほどある大型犬まで、実際のサロンのようにバラエティに富んだ犬種を経験していきます。

 

Img_6987_3

 

 

 

合同実習では、最初は緊張している1年生も次第に2年生とコミュニケーションを取るようになり、シャンプーやカットのスピードも徐々に早くなっていきます。トリマー業界では、多くのトリミングサロンはガラス張りです。これからも「見られている」という意識を持ち、スキルを高めていってほしいと思います。

|