ドッグスペシャリスト専攻

2013年8月10日 (土)

川崎市動物愛護センター見学実習 ~ドッグスペシャリスト専攻~

授業の一環として川崎市動物愛護センターへ見学に行きました。この施設では川崎市の動物対策の中心業務を行うとともに、犬、猫等の譲渡、収容動物の健康管理、動物愛護思想の普及啓発の場として市民サービスを行っております。また現在では動物たちの泣き声、糞尿等の苦情が増えてきており、それぞれの飼い主等に責任を持って動物を適正に飼養できるように普及啓発しています。



01Img_6837


保護された動物の中には生後間もない赤ちゃんや、よく噛み付く動物・捨てられて年老いてしまった動物・捨てられてしまった恐怖心からゲージから出てこなくなってしまった動物等もいました。中には処分されてしまう動物もいて、実際に使用される「処分機」と呼ばれる機械も見ることができ、貴重な体験ができました。


Img_6813Img_6830


動物愛護センターへ見学に行くのは今回が初めてのことなので、様々な事情で悲しい状況におかれている動物たちを見るのは心苦しいかと思いましたが、施設を案内してくれた方の話を聞き、動物たちの姿をしっかり目に焼きつけていました。普段学校でふれあっている動物たちとは違う状況におかれていることに対して考えさせられ、また一つ成長しできたと感じております。

|

2013年8月 1日 (木)

クレイグ先生によるドッグトレーニング特別講義

オーストラリアで警察犬をはじめとする特殊犬訓練士で、本校の特別顧問でもある「クレイグ・マレイ氏」がパートナーでもあるトレシー・マレイ氏とともに来日され、特別講義が開催されました。



Img_0002_3Img_0015_4


講義内容は、トレーニングを行なうにあたっての気持ちから始まりました。つい忘れがちである「犬」と「人間」の違いを改めて問われたことで、再認識した学生も多くいたように思われます。トレーニング時、人間に接するように行なってしまいがちな行動を改めて感じることができました。



犬のトレーニング方法
(表現力や犬への褒め方)において、日本とオーストラリアでの違いや、犬へ報酬を与えるタイミングとテクニックが重要であるということ、良いことと悪いことの違いを明確にさせることが必要であるなど、基本的なことから発展性のある内容まで多岐にわたる内容を勉強することができました。

Img_9954_6Img_9936_3



さらに、実演では学校で飼育している犬を使用してのデモンストレーションを行ないました。学校犬で掃除機が苦手な犬がいるのですが、どう克服させるのか実際に間近で見ることができました。犬への負担を最大限に減らしながら、実際に克服させてしまった技術にはどの学生も驚いていました。全ては「いいこと」と「悪いこと」をはっきり教えることが大事なのだと改めて実感したことと思います。

「褒める」ことと「叱る」ことの区別や「我慢」をさせないことや「可哀そう」と思うことが「甘え」になるということなど、今後トレーニングを続けていく上で良い影響を与えられたことでしょう。デモンストレーションで成果を見た学生たちが、今後どのようにトレーニングに励んでいくのか楽しみでもあります。


Img_9982_3


また、ドッグトレーナー専攻、ドッグスペシャリスト専攻では、今秋に予定されている海外実学研修において、現地でクレイグ・マレイ氏の施設を訪問する予定です。実際どのような環境でトレーニングされているのか、またどのような講義内容を用意されているのか、期待は高まります。

|

オーストラリアで警察犬をはじめとする特殊犬訓練士で、本校の特別顧問でもある「クレイグ・マレイ氏」がパートナーでもあるトレシー・マレイ氏とともに来日され、特別講義を実施されました。

Img_9954_5

講義内容は、トレーニングを行なうにあたっての気持ちから始まりました。つい忘れがちである「犬」と「人間」の違いを改めて問われたことで、再認識した学生も多くいたように思われます。トレーニング時、人間に接するように行なってしまい

がちな行動を改めて感じることができました。

Img_0002_2Img_0015_3


犬のトレーニング方法(表現力や犬への褒め方)において、日本とオーストラリアでの違いや、犬へ報酬を与えるタイミングとテクニックが重要であるということ、良いことと悪いことの違いを明確にさせることが必要であるなど、基本的なことから発展性のある内容まで多岐にわたる内容を勉強することができました。

さらに、実演では学校で飼育している犬を使用してのデモンストレーションを行ないました。学校犬で掃除機が苦手な犬がいるのですが、どう克服させるのか実際に間近で見ることができました。犬への負担を最大限に減らしながら、実際に克服させてしまった技術にはどの学生も驚いていました。全ては「いいこと」と「悪いこと」をはっきり教えることが大事なのだと改めて実感したことと思います。


Img_9916


Img_9954_4


Img_9954_3



Img_9954_2


「褒める」ことと「叱る」ことの区別や「我慢」をさせないことや「可哀そう」と思うことが「甘え」になるということなど、今後トレーニングを続けていく上で良い影響を与えられたことでしょう。デモンストレーションで成果を見た学生たちが、今後どのようにトレーニングに励んでいくのか楽しみでもあります。




Img_9982_2

また、ドッグトレーナー専攻、ドッグスペシャリスト専攻では、今秋に予定されている海外実学研修において、現地でクレイグ・マレイ氏の施設を訪問する予定です。実際どのような環境でトレーニングされているのか、またどのような講義内容を用意されているのか、期待は高まります。

|

2013年7月 9日 (火)

ドッグランフェスタ ~人と犬の豊かな共生を目指して~

6月14日(金)、15日(土)、16(日)にドッグランフェスタ2013が立川昭和記念公園にて開催されました。ドッグランフェスタは、国営昭和記念公園ドッグランのオープンを記念して毎年開催されているイベントで、テーマは『人と犬の豊かな共生』。

Imheader2013_2

色々な催事を通して愛犬とより幸せに暮らすための情報を得て頂くと同時に、マナーに関する意識をより高めていただくことを目的としています。そのスタッフとして参加をし、公園内の掃除や被災地犬の譲渡会や募金活動も加わりました。


0131646301316132_4

1年生ははじめてのことで不安や戸惑いもありましたが、挨拶・返事等の基本的な事がしっかりできていました。当日は炎天下、雨の中イベントに参加しましたが、天候に左右されることなく力いっぱい、元気いっぱい接客しており、会場の掃除や人がやりたがらない仕事にも積極的に取り組んでいました。

0131618701316415

01316092_301316273_7

お客様を目の前にしての接客もしっかり笑顔で対応しており、学生たちがこのイベントを支えて運営していると感じる場面がたくさんありました。最後には、主催者でもあるNPO法人ワンワンパーティクラブ代表の三浦氏からも高い評価を頂きました。

|

2013年2月21日 (木)

スポーツフェスタ

2月14日に浦安総合体育館にてスポーツフェスタを開催しました!

スポーツフェスタは毎年2月に行われるTCAの人気イベントの一つです。

スポーツ好きな人もそうでない人も楽しめるように、様々な種目を取り揃えてみんなで和気あいあい楽しめるイベントになっています。

Img01745_4Img01707_2

怪我をしないように、準備体操をして、「TCA○×ウルトラクイズ」からスタート!!

P1040848P1040843 

その後はチームに分かれてバレーとバスケットボールの対抗戦を行いました。

皆さん、この日の為に放課後を利用し練習をしていたそうです。

P1040903 P1040974

その後は、各ワールド対抗「綱引き」 これが予想以上の大盛り上がりで、白熱した試合になりましたよー!

P1040998 P1040985

障害物競走では、仮装・二人三脚などを交えてワールド対抗で行いました。

Img01741 Img01746 

 

各種目の入賞チームには景品も贈呈され、皆さん喜んでいましたね。優勝できなかったチームは来年のスポーツフェスタに向けて練習に励んでくださいね!

一日お疲れ様でした。

Img01748 Img01728_2 

|

2012年11月14日 (水)

オーストラリア海外実学研修 ~ドッグスペシャリスト・ドッグトレーナー~

  10月24日(水)~10月31日(水)の日程でドッグトレーナー専攻・ドッグスペシャリスト専攻がオーストラリア東部、ブリスベンおよびゴールドコースト近郊に海外実学研修に行きました。これは「国際教育」の一環で、海外の優れた施設や講師から直接学ぶことができる貴重なプログラムです。

ドッグトレーナー専攻は本校の特別講師でもあるクレイグ・マレー氏を訪問し、実際に犬と一緒にトレーニングの基本を学びました。本校でも研修同氏の特別講義を4月に実施しており、職場を見学できたことで、訓練のイメージを掴むことができたと思います。

Th_img_0206 Th_img_0245 Th_img_0396

また、トレーニング実習として、バルボニードッグスクールを両専攻ともに訪れました。この日は学生たちが犬をハンドリングしながらトレーニングを学びました。日本と海外の違いを学び、また直接犬に触ることができましたのでモチベーションもアップしたようです。

さらにドリームワールドではトラのショーを見学し、トラのトレーニング方法を聴くすることができました。犬との違いや、今後のトレーニングにおいてヒントとなる部分も多く含まれていたように思います。

Th_img_0319Th_img_0310 Th_dscn3823

ドッグスペシャリスト専攻ではオーストラリアのグルーミングサロンを訪問・見学し、日本との違いはもちろんのこと、オーストラリアでのグルーミング犬種の特徴などを学ぶことができました。今回オーストラリアに行きましたので、代表的な動物であるコアラの保護施設にも訪問しました。また、同じ敷地内で牧羊犬のデモストレーションを見学することもできました。

今回、様々な施設を訪問・見学し、たくさんの知識や技術を習得することができたと思います。

|

2012年10月25日 (木)

【1年生】就職活動にむけての特別講義

TCAにはキャリアセンターという学生の就職を専門的にサポートをするスタッフがいます。今回はそのキャリセンターから「11月以降に始まる業界1日実習の説明会」及び、「今後の就職活動」について特別講義をペット系学生対象に実施しました。

内容は、今後の就職活動の流れを説明してもらい、自分たちがどのように就職に対して向き合って行くのかです。

また、12月には就職出陣式を行い、この日を境に、本格的に就職活動がスタートします。そして、目指す企業が決まってきた学生は実際に現場見学などをし、春の研修の準備期間となります。

01224032 01224334 01224320

春休みには業界研修(インターシップ)を行います。分野によって研修期間に差がありますが、3日〜2週間の研修期間を行になります。専攻にもよりますが、この時期はまだまだ業種を絞りきれていない学生さんもいるため、ここでしっかり自分の目標設定ができると良いと思います。就職意識の高い学生は、春の研修で内定をもらう場合もあります。大きな山場は2年生の夏休みの研修になることでしょう。この夏の研修でしっかり内定がもらえるよう、今から少しずつ業界研究をし、現場での経験を多く積むことが大切です。

これから1年生は自分の夢に向かって本格的に動き始める時期がやってきます。みなさん不安や心配はありますが、キャリアセンターや担任の先生を良い意味で活用していただければ、と思います。

|

2012年10月22日 (月)

Sippo FESTA in 幕張メッセ

10月13日(土)・14日(日)に千葉県の幕張メッセにおいて「Sippo Festa」のイベントが行われました。これはNPO法人「WANWAN パーティクラブ」が主催で、犬の殺処分ゼロを目指した社会貢献イベントであり日本で初めての試みになります。

普段よりドッグトレーニング授業等を通じ、犬が人間社会において住みよい環境とは何かを考えることの多い学生たちは、イベントスタッフとして積極的に参加しました。イベントスタッフとして場内の整理や清掃、各種コーナーでのお手伝い、受付でのチケット販売など、各部署に分かれ、それぞれ責任を持って仕事に望みました。

01225056 01225247 01225314

イベントの成功のためという目的意識はもちろんのことですが、この学生スタッフという仕事を通して、将来の仕事に対する意欲や責任感を養うことができたと思います。

01225161 01225201 01225090

イベントにおいては、保護犬の譲渡会といった直接的なものや、ふれあいを通して犬の可愛さ等を実感できるコーナー、あるいは犬の持つ力を最大限引き出したエクストリーム(犬の障害物競走―タイムを争う)の決勝、さらには犬とのダンス、ドッグダンス等もあり、「犬」の飼い主様として犬とともに幸せな生活をおくれるような各種の催し物があり、将来、トレーナーとして飼い主様に様々な提案ができるようなヒントを持ち帰ったものと思われたイベントになりました。

|

2012年10月15日 (月)

ドッグスペシャリスト専攻 ~ドッグトレーニング実習~

ドッグスペシャリスト専攻2年生はトレーニング、看護、トリミングの3つの分野を満遍なく学んでいます。今回はトレーニング授業についてご紹介します。トレーニング授業はおやつを使わずにトレーニングをする古銭先生、犬の行動学から考えるトレーニングをする工藤先生、ドッグスポーツのアジリティーを行う白川先生、この3つの授業から自分たちで選択をして授業をおこなっています。

Img_0024 Img_0030 Img_0076

古銭先生のクラスではおやつに頼らず、犬と人がしっかりと信頼関係を築きトレーニングをおこなっています。今は担当犬に一発芸を教えています。輪くぐりや足飛びなど、それぞれが考えて個性的なトレーニングをしている姿が印象的でした。

012h07226 Img_0043 Img_0128

工藤先生のトレーニングでは担当犬それぞれに年間目標を決めてトレーニングをしているため、計画表を作成しています。今はどこまで計画通りにできているのか、また計画通りできなければ計画を立て直したりしながらトレーニングを行なっています。白川先生の授業ではアジリティーのコース練習と一つずつの障害練習を行なっています。難易度の高いスラロームという障害の練習も犬たちは楽しそうにおこなっています。ハンドラーはたくさん犬に声を掛けながら走るため、学生たちにとっても良い運動になっているようです。

|

2012年9月30日 (日)

家庭犬トレーニングインストラクター 「鳴海治先生」の特別講義

9月24日(月)にドッグスペシャリスト専攻1年生およびドッグトレーナー専攻1年生を対象と
して、しつけ分野に関する特別講義が行なわれました。講義では、犬に向かい合う前に「訓練」と「しつけ」の具体的な違いを述べていただきました。

Dscn3328Img_3262Img_3255   

「訓練」では犬が中心ですが、「しつけ」では犬と飼い主両方主体となることから始まり、しつけの方法や犬の心理学までにおよびました。実践で活躍されている先生だからこそ、豊富な話題や実際にあったこと等のエピソードを交えて理論的に話された内容は、学生たちにとって納得のいく内容でした。

Img_3265Img_3257Img_3264 

講義だけではなく、体を使ってのワークショップでは犬の気持ちを考えさせたり、ビジネスということは何なのか?を考えたりすることで、これからの進路、仕事観に良い意味で影響を与えたと思います。これからも、トレーニング授業は続きますが、今回得た知識をフルに使って犬との信頼関係を構築できるようにしたいものです。

|