動物理学療法専攻

2013年8月 1日 (木)

クレイグ先生によるドッグトレーニング特別講義

オーストラリアで警察犬をはじめとする特殊犬訓練士で、本校の特別顧問でもある「クレイグ・マレイ氏」がパートナーでもあるトレシー・マレイ氏とともに来日され、特別講義が開催されました。



Img_0002_3Img_0015_4


講義内容は、トレーニングを行なうにあたっての気持ちから始まりました。つい忘れがちである「犬」と「人間」の違いを改めて問われたことで、再認識した学生も多くいたように思われます。トレーニング時、人間に接するように行なってしまいがちな行動を改めて感じることができました。



犬のトレーニング方法
(表現力や犬への褒め方)において、日本とオーストラリアでの違いや、犬へ報酬を与えるタイミングとテクニックが重要であるということ、良いことと悪いことの違いを明確にさせることが必要であるなど、基本的なことから発展性のある内容まで多岐にわたる内容を勉強することができました。

Img_9954_6Img_9936_3



さらに、実演では学校で飼育している犬を使用してのデモンストレーションを行ないました。学校犬で掃除機が苦手な犬がいるのですが、どう克服させるのか実際に間近で見ることができました。犬への負担を最大限に減らしながら、実際に克服させてしまった技術にはどの学生も驚いていました。全ては「いいこと」と「悪いこと」をはっきり教えることが大事なのだと改めて実感したことと思います。

「褒める」ことと「叱る」ことの区別や「我慢」をさせないことや「可哀そう」と思うことが「甘え」になるということなど、今後トレーニングを続けていく上で良い影響を与えられたことでしょう。デモンストレーションで成果を見た学生たちが、今後どのようにトレーニングに励んでいくのか楽しみでもあります。


Img_9982_3


また、ドッグトレーナー専攻、ドッグスペシャリスト専攻では、今秋に予定されている海外実学研修において、現地でクレイグ・マレイ氏の施設を訪問する予定です。実際どのような環境でトレーニングされているのか、またどのような講義内容を用意されているのか、期待は高まります。

|

オーストラリアで警察犬をはじめとする特殊犬訓練士で、本校の特別顧問でもある「クレイグ・マレイ氏」がパートナーでもあるトレシー・マレイ氏とともに来日され、特別講義を実施されました。

Img_9954_5

講義内容は、トレーニングを行なうにあたっての気持ちから始まりました。つい忘れがちである「犬」と「人間」の違いを改めて問われたことで、再認識した学生も多くいたように思われます。トレーニング時、人間に接するように行なってしまい

がちな行動を改めて感じることができました。

Img_0002_2Img_0015_3


犬のトレーニング方法(表現力や犬への褒め方)において、日本とオーストラリアでの違いや、犬へ報酬を与えるタイミングとテクニックが重要であるということ、良いことと悪いことの違いを明確にさせることが必要であるなど、基本的なことから発展性のある内容まで多岐にわたる内容を勉強することができました。

さらに、実演では学校で飼育している犬を使用してのデモンストレーションを行ないました。学校犬で掃除機が苦手な犬がいるのですが、どう克服させるのか実際に間近で見ることができました。犬への負担を最大限に減らしながら、実際に克服させてしまった技術にはどの学生も驚いていました。全ては「いいこと」と「悪いこと」をはっきり教えることが大事なのだと改めて実感したことと思います。


Img_9916


Img_9954_4


Img_9954_3



Img_9954_2


「褒める」ことと「叱る」ことの区別や「我慢」をさせないことや「可哀そう」と思うことが「甘え」になるということなど、今後トレーニングを続けていく上で良い影響を与えられたことでしょう。デモンストレーションで成果を見た学生たちが、今後どのようにトレーニングに励んでいくのか楽しみでもあります。




Img_9982_2

また、ドッグトレーナー専攻、ドッグスペシャリスト専攻では、今秋に予定されている海外実学研修において、現地でクレイグ・マレイ氏の施設を訪問する予定です。実際どのような環境でトレーニングされているのか、またどのような講義内容を用意されているのか、期待は高まります。

|

2013年2月21日 (木)

スポーツフェスタ

2月14日に浦安総合体育館にてスポーツフェスタを開催しました!

スポーツフェスタは毎年2月に行われるTCAの人気イベントの一つです。

スポーツ好きな人もそうでない人も楽しめるように、様々な種目を取り揃えてみんなで和気あいあい楽しめるイベントになっています。

Img01745_4Img01707_2

怪我をしないように、準備体操をして、「TCA○×ウルトラクイズ」からスタート!!

P1040848P1040843 

その後はチームに分かれてバレーとバスケットボールの対抗戦を行いました。

皆さん、この日の為に放課後を利用し練習をしていたそうです。

P1040903 P1040974

その後は、各ワールド対抗「綱引き」 これが予想以上の大盛り上がりで、白熱した試合になりましたよー!

P1040998 P1040985

障害物競走では、仮装・二人三脚などを交えてワールド対抗で行いました。

Img01741 Img01746 

 

各種目の入賞チームには景品も贈呈され、皆さん喜んでいましたね。優勝できなかったチームは来年のスポーツフェスタに向けて練習に励んでくださいね!

一日お疲れ様でした。

Img01748 Img01728_2 

|

2012年12月 7日 (金)

東洋医学 ~動物の鍼灸~

11月24日(土)動物看看護福祉専攻3年生と動物看護士専攻・動物理学療法専攻2年生合同で『東洋医学〜動物の鍼灸〜』の特別講義をおこないました。

講師は、獣医師の小林初穂先生です。小林先生は、社団法人 日本ペットマッサージ協会(JPMA)の理事もされており、いろいろな動物病院で犬の鍼灸を行っています。講義の内容は、東洋医学の効果についてお話を頂きました。まずは、人間の体のツボを説明していただき、その後、犬のいろいろなツボと効果を説明してたいただきました。

S_ Rimg4423 Rimg4421

説明後、学生達は実際に体感するため自分で鍼やお灸を試していました。今回、初めて鍼やお灸を体験する学生がほとんどで最初は自分で鍼をさすことに戸惑っていました。

Rimg4414         Rimg4417_2

進めていくうちに電気治療を体験したり、お灸をしたりと、とても楽しそうに参加していました。自分の体の不調を先生に話してツボを教えてもらい、お灸を当てている学生もいました。自分が体感したことで、動物の鍼灸にも興味をもったことと思います。

|

2012年11月15日 (木)

アメリカ海外実学研修 ~動物看護師・動物理学療法~

10月31日(水)〜11月7日(水)まで動物看護士専攻・動物理学療法専攻がアメリカへ海外実学研修に行ってきました。現地では、動物の保護施設、動物病院、提携校のカリポリ大学ポモナ校にての実習、ホリスティックワークショップ、獣医師の方からの講義など、たくさんのプログラムに参加をしました。

『ASEC(アニマル・サージカル・アンド・エマージェンシー・センター)』は、南アメリカで最も大きな動物緊急医療病院です。また、『SPCA LA(ソサイアティ フォー ザ プリベンション オブ クルエティ トゥ アニマルス ロサンゼルス)』は、南カリフォルニアで最も古い動物保護施設です。施設名の由来は2つの手、4つの足という意味の『Two Hands Four paws』は、動物マッサージや運動セラピーによるのリハビリテーションを提供している施設で、水中トレッドミル(水中で歩行のトレーニングができる器具)、犬用の大きなプールなど歩行が困難になってしまった犬の達やスポーツ犬の体調管理にも使われています。

3 Dscn0326_2 2

提携校カリポリ大学ポモナ校は、動物看護教育において、指折りの有名校です。実際に心肺が停止した動物の心肺蘇生の手順(意識の確認→軌道の確保→呼吸の確認→心臓マッサージ)を学び、ダミー犬を使って体験しました。短い時間で判断し処置することが重要であることを体験を通して学びました。最後には、一人一人に修了証が授与されました。

帰国後、見学した施設や講義の内容をグループごとまとめ再度自分たちが学んだことを再確認したことと思います。今回の研修が初めての海外という学生も多く何名かは心細そうな顔をしていましたが、1週間の研修を終え、日本に到着した時は精神的にひとまわり大きくなった様に感じました。

|

2012年11月 8日 (木)

飼育犬麻酔実習

10月より学校で飼育をしている犬・猫の麻酔実習を行っています。実習は、学内の手術室で獣医師の早川先生の指導のもと行います。実習の犬を入院動物に見立て、前日の検査や当日の薬品準備、覚醒後の管理、翌日の健康管理を行います。実際に動物に麻酔をかけるため今回はスケーリングをおこないました。

091202 Dscn0665 Img_9987

たくさんの薬の名前や効果、効能などを覚えることや初めて麻酔のかかった犬を見て自分たちの目指している職業が命と直結していることを目の当たりにし、再度動物看護師の仕事の重要性を感じる実践的な実習になったと思います。動物看護士専攻の2年生は約4ヶ月後の卒業を前に、しっかり仕事をイメージをしながら実習に臨んでいる様子が印象的でした。

動物理学療法専攻は、学校生活の中間地点としてリハビリテーションや理学療法だけでなく看護師の仕事の一つとして真剣に取り組んでいました。11月下旬からは、学校飼育犬、猫の避妊、去勢手術を行うため、今回の麻酔実習がとても重要になってきます。

|

2012年11月 2日 (金)

猫の保定実習

10月16日(水)に動物看護士専攻、動物理学療法専攻1年生が『猫の保定実習』を行いました。今回は獣医師の羽場先生が指導をしました。この実習は、普段みんなが飼育している猫2頭と動物園・動物飼育専攻で飼育している猫2頭が参加しました。実習内容は、動物病院に来院された猫を想定して、診察の補助として『診察しやすいようにする』ことを学びました。

Rimg4306 Rimg4307 Rimg4287

犬に比べて猫の保定は難しいため、解剖生理学の授業で学んでいる骨格などを充分に理解していることが重要となります。また、実習に参加してくれた猫達も普段と違う雰囲気を感じて大きな声で鳴いたり暴れたりしていましたが、学生達は看護師としてしっかり保定をしていました。入学して半年が過ぎ看護師としての自覚が身についてきたと思います。

|

2012年10月25日 (木)

【1年生】就職活動にむけての特別講義

TCAにはキャリアセンターという学生の就職を専門的にサポートをするスタッフがいます。今回はそのキャリセンターから「11月以降に始まる業界1日実習の説明会」及び、「今後の就職活動」について特別講義をペット系学生対象に実施しました。

内容は、今後の就職活動の流れを説明してもらい、自分たちがどのように就職に対して向き合って行くのかです。

また、12月には就職出陣式を行い、この日を境に、本格的に就職活動がスタートします。そして、目指す企業が決まってきた学生は実際に現場見学などをし、春の研修の準備期間となります。

01224032 01224334 01224320

春休みには業界研修(インターシップ)を行います。分野によって研修期間に差がありますが、3日〜2週間の研修期間を行になります。専攻にもよりますが、この時期はまだまだ業種を絞りきれていない学生さんもいるため、ここでしっかり自分の目標設定ができると良いと思います。就職意識の高い学生は、春の研修で内定をもらう場合もあります。大きな山場は2年生の夏休みの研修になることでしょう。この夏の研修でしっかり内定がもらえるよう、今から少しずつ業界研究をし、現場での経験を多く積むことが大切です。

これから1年生は自分の夢に向かって本格的に動き始める時期がやってきます。みなさん不安や心配はありますが、キャリアセンターや担任の先生を良い意味で活用していただければ、と思います。

|

2012年8月 2日 (木)

水中療法校外実習(横浜:バークファーム

7 月18 日(水)本校講師の山田りこ先生よりご紹介をいただき横浜にあるバークファームという施設での水中療法実習を行いました。この施設は、レストラン、ドッグカフェ、ドッグラン、ドッグプール、納骨堂の設備をもっており、犬の総合的な施設になっています。

Head_logo 01

当日は、学校から犬を5頭連れて行き、実際の水中療法を体験しました。実習は4名1組になり1頭の犬を担当しました。プールに入る前にシャンプーを行います。犬がプールに入ることをスムーズに行うため飼い主様役の学生がプールの際まで誘導をします。その後、犬の体に少しずつ水をかけながら、授業で習っているマッサージを行いリラックスさせていきます。このリラックスさせることが水中療法ではとても大切なポイントとなります。

Dscn2987 Dscn3018

マットの上に犬を誘導し、そのマットを少しずつ水中に沈めることで徐々に全身が水の中に入って行きます。水に慣れてくるとどの犬も楽しそうに泳ぎはじめ、水中から出たときに自分の体重を感じることも犬にとってとても重要だそうです。

Dscn2910Dscn2964

学生にとって、この実習は楽しみながら沢山のことを学べる良い機会になったと思います。

|

2012年6月24日 (日)

ドッグトレーニング特別講義 クレイグ・A・マレイ

6 月16 日(土)、17 日(日)に本校の海外特別顧問でもあるクレイグ・A・マレイ氏がパートナーでもあるトレーシイ・マレイ氏とともに特別講義のために来日されました。同氏はオーストラリアで警察犬をはじめとする特殊犬訓練士で、クイーンズランド災害救助犬チームのチーフトレーナー、アシスタンス&サービスドッグ協会会長をされ、「国際警察犬調教賞」などを多数受賞されております。

Dscn2564 Dscn2526

講義は専攻や学年によってトレーニング授業のレベルにあわせた内容になりました。
犬のトレーニング方法( 表現力や犬への褒め方) において、日本とオーストラリアでの違いや、犬へ報酬を与えるタイミングとテクニックが重要であるということ、良いことと悪いことの違いを明確にさせることが必要であるなど、基本的なことから発展性のある内容まで多岐にわたる内容を勉強することができました。実演では学校で飼育している犬と一緒にアイコンタクトと褒美を与えるタイミングなどをデモンストレーションして頂きました。

Dscn2524 Dscn2617

今後、犬に関わる様々な場面で、トレーニングをどのように発展させていくか、飼い主様に対し犬との関係をどのように説明し、理解を求めていくのか大いに考えさせられました。ドッグトレーナー専攻、ドッグスペシャリスト専攻では、秋に実施される海外実学研修において、マレイ氏の訓練所を訪問する予定になっております。今回受けた講義の内容を次回訪問するまでに身につけて欲しいと思います。

Dscn2590Dscn2587

|