ドッグトレーナー専攻

2013年8月 1日 (木)

クレイグ先生によるドッグトレーニング特別講義

オーストラリアで警察犬をはじめとする特殊犬訓練士で、本校の特別顧問でもある「クレイグ・マレイ氏」がパートナーでもあるトレシー・マレイ氏とともに来日され、特別講義が開催されました。



Img_0002_3Img_0015_4


講義内容は、トレーニングを行なうにあたっての気持ちから始まりました。つい忘れがちである「犬」と「人間」の違いを改めて問われたことで、再認識した学生も多くいたように思われます。トレーニング時、人間に接するように行なってしまいがちな行動を改めて感じることができました。



犬のトレーニング方法
(表現力や犬への褒め方)において、日本とオーストラリアでの違いや、犬へ報酬を与えるタイミングとテクニックが重要であるということ、良いことと悪いことの違いを明確にさせることが必要であるなど、基本的なことから発展性のある内容まで多岐にわたる内容を勉強することができました。

Img_9954_6Img_9936_3



さらに、実演では学校で飼育している犬を使用してのデモンストレーションを行ないました。学校犬で掃除機が苦手な犬がいるのですが、どう克服させるのか実際に間近で見ることができました。犬への負担を最大限に減らしながら、実際に克服させてしまった技術にはどの学生も驚いていました。全ては「いいこと」と「悪いこと」をはっきり教えることが大事なのだと改めて実感したことと思います。

「褒める」ことと「叱る」ことの区別や「我慢」をさせないことや「可哀そう」と思うことが「甘え」になるということなど、今後トレーニングを続けていく上で良い影響を与えられたことでしょう。デモンストレーションで成果を見た学生たちが、今後どのようにトレーニングに励んでいくのか楽しみでもあります。


Img_9982_3


また、ドッグトレーナー専攻、ドッグスペシャリスト専攻では、今秋に予定されている海外実学研修において、現地でクレイグ・マレイ氏の施設を訪問する予定です。実際どのような環境でトレーニングされているのか、またどのような講義内容を用意されているのか、期待は高まります。

|

オーストラリアで警察犬をはじめとする特殊犬訓練士で、本校の特別顧問でもある「クレイグ・マレイ氏」がパートナーでもあるトレシー・マレイ氏とともに来日され、特別講義を実施されました。

Img_9954_5

講義内容は、トレーニングを行なうにあたっての気持ちから始まりました。つい忘れがちである「犬」と「人間」の違いを改めて問われたことで、再認識した学生も多くいたように思われます。トレーニング時、人間に接するように行なってしまい

がちな行動を改めて感じることができました。

Img_0002_2Img_0015_3


犬のトレーニング方法(表現力や犬への褒め方)において、日本とオーストラリアでの違いや、犬へ報酬を与えるタイミングとテクニックが重要であるということ、良いことと悪いことの違いを明確にさせることが必要であるなど、基本的なことから発展性のある内容まで多岐にわたる内容を勉強することができました。

さらに、実演では学校で飼育している犬を使用してのデモンストレーションを行ないました。学校犬で掃除機が苦手な犬がいるのですが、どう克服させるのか実際に間近で見ることができました。犬への負担を最大限に減らしながら、実際に克服させてしまった技術にはどの学生も驚いていました。全ては「いいこと」と「悪いこと」をはっきり教えることが大事なのだと改めて実感したことと思います。


Img_9916


Img_9954_4


Img_9954_3



Img_9954_2


「褒める」ことと「叱る」ことの区別や「我慢」をさせないことや「可哀そう」と思うことが「甘え」になるということなど、今後トレーニングを続けていく上で良い影響を与えられたことでしょう。デモンストレーションで成果を見た学生たちが、今後どのようにトレーニングに励んでいくのか楽しみでもあります。




Img_9982_2

また、ドッグトレーナー専攻、ドッグスペシャリスト専攻では、今秋に予定されている海外実学研修において、現地でクレイグ・マレイ氏の施設を訪問する予定です。実際どのような環境でトレーニングされているのか、またどのような講義内容を用意されているのか、期待は高まります。

|

2013年7月 9日 (火)

ドッグランフェスタ ~人と犬の豊かな共生を目指して~

6月14日(金)、15日(土)、16(日)にドッグランフェスタ2013が立川昭和記念公園にて開催されました。ドッグランフェスタは、国営昭和記念公園ドッグランのオープンを記念して毎年開催されているイベントで、テーマは『人と犬の豊かな共生』。

Imheader2013_2

色々な催事を通して愛犬とより幸せに暮らすための情報を得て頂くと同時に、マナーに関する意識をより高めていただくことを目的としています。そのスタッフとして参加をし、公園内の掃除や被災地犬の譲渡会や募金活動も加わりました。


0131646301316132_4

1年生ははじめてのことで不安や戸惑いもありましたが、挨拶・返事等の基本的な事がしっかりできていました。当日は炎天下、雨の中イベントに参加しましたが、天候に左右されることなく力いっぱい、元気いっぱい接客しており、会場の掃除や人がやりたがらない仕事にも積極的に取り組んでいました。

0131618701316415

01316092_301316273_7

お客様を目の前にしての接客もしっかり笑顔で対応しており、学生たちがこのイベントを支えて運営していると感じる場面がたくさんありました。最後には、主催者でもあるNPO法人ワンワンパーティクラブ代表の三浦氏からも高い評価を頂きました。

|

2013年2月21日 (木)

スポーツフェスタ

2月14日に浦安総合体育館にてスポーツフェスタを開催しました!

スポーツフェスタは毎年2月に行われるTCAの人気イベントの一つです。

スポーツ好きな人もそうでない人も楽しめるように、様々な種目を取り揃えてみんなで和気あいあい楽しめるイベントになっています。

Img01745_4Img01707_2

怪我をしないように、準備体操をして、「TCA○×ウルトラクイズ」からスタート!!

P1040848P1040843 

その後はチームに分かれてバレーとバスケットボールの対抗戦を行いました。

皆さん、この日の為に放課後を利用し練習をしていたそうです。

P1040903 P1040974

その後は、各ワールド対抗「綱引き」 これが予想以上の大盛り上がりで、白熱した試合になりましたよー!

P1040998 P1040985

障害物競走では、仮装・二人三脚などを交えてワールド対抗で行いました。

Img01741 Img01746 

 

各種目の入賞チームには景品も贈呈され、皆さん喜んでいましたね。優勝できなかったチームは来年のスポーツフェスタに向けて練習に励んでくださいね!

一日お疲れ様でした。

Img01748 Img01728_2 

|

2012年12月15日 (土)

ドッグセラピー実習

ドッグトレーナー専攻2年生の補助犬ゼミでは定期的に老人ホームでドッグセラピーを実施しています。犬の適正、セラピーメニュー内容などの当日までの準備を、全て学生たちが行っています。現在は2ヶ所の老人ホームで実施しています。

Img_1556 Img_1563 Dsc02021

老人ホームの中庭にて開催されることもあり、外で行う場合はディスクドッグを披露したり、利用者様に一緒に参加をしてもらい、『おいでおいで競争』を行ったりとアクティブな動きも取り入れています。反対に室内で行う際は、限られたスペースの中で犬たちの魅力を伝えられる方法を考えています。

Img_1153 Img_1082 Img_1190

また、連れて行く犬の大きさにも配慮をし、大きい犬では躍動感のある芸を、小さい犬では愛らしい芸を見ていただけるように工夫しています。そして、メインとなるふれあいの時間は事故・怪我のないように細心の注意を払い、利用者の方々との会話も楽しんで行っています。施設の職員の方々からは「普段見られないような表情が見られて良かった」、「犬が苦手と言っていた人が嬉しそうに犬を抱いていた」などの嬉しいご感想を頂いています。

補助犬ゼミのセラピー活動は来年の1年生へ今後、引き継がれていきます。これからも一人でも多くの方に犬の魅力を伝えられるよう、卒業後もこのセラピー活動での経験を活かし、立派なトレーナーになってもらいたいと思います。

|

2012年11月15日 (木)

Honda Dogワールド in もてぎ

11 月3 日(土)4 日(日)の2 日間、ホンダ主催の感謝祭として犬と飼い主さんのためのドッグイベントが開催されました。

今回学生たちは、犬のお手入れ、ドッグラン、アジリティ( ドッグスポーツ)、ディスクドッグ( フリスビー)、肥満対策マッサージセミナー、アロママッサージセミナー、手作り石鹸、受付、抽選会場などに部署を分かれて、イベントスタッフを経験してきました。

Dscf4967 Dscf4964 Dscf5000

ペットトリマー専攻の学生は、本校トリマー講師の廣瀬先生と共に実際に来場した数十頭の犬の爪切りや耳掃除、ブラッシングなどを実践しました。長蛇の列ができ、多くの飼い主様に喜んでいただけました。犬はダックスフントやトイプードルといった小型犬から、バーニーズマウンテンドッグやゴールデンレトリーバーなどの大型犬まで多種多様な犬のグルーミングを経験することができ大変でしたが大変貴重な機会となりました。

Dscf5089 Dscf5119Dscf5053

どこの部署の学生スタッフも、お客様と笑顔で接し、元気な挨拶で対応しており、運営スタッフからも高い評価をいただくことができました。

会場内にはこの他にもドッグカフェなど、犬と飼い主さんが一緒に楽しめるブースが多く設けられており、来場者が朝早くから夕方まで一日中楽しんでいる様子が見られました。現場経験をこれからも積み即戦力となる人材になっていって欲しいと思います。

|

2012年11月14日 (水)

オーストラリア海外実学研修 ~ドッグスペシャリスト・ドッグトレーナー~

  10月24日(水)~10月31日(水)の日程でドッグトレーナー専攻・ドッグスペシャリスト専攻がオーストラリア東部、ブリスベンおよびゴールドコースト近郊に海外実学研修に行きました。これは「国際教育」の一環で、海外の優れた施設や講師から直接学ぶことができる貴重なプログラムです。

ドッグトレーナー専攻は本校の特別講師でもあるクレイグ・マレー氏を訪問し、実際に犬と一緒にトレーニングの基本を学びました。本校でも研修同氏の特別講義を4月に実施しており、職場を見学できたことで、訓練のイメージを掴むことができたと思います。

Th_img_0206 Th_img_0245 Th_img_0396

また、トレーニング実習として、バルボニードッグスクールを両専攻ともに訪れました。この日は学生たちが犬をハンドリングしながらトレーニングを学びました。日本と海外の違いを学び、また直接犬に触ることができましたのでモチベーションもアップしたようです。

さらにドリームワールドではトラのショーを見学し、トラのトレーニング方法を聴くすることができました。犬との違いや、今後のトレーニングにおいてヒントとなる部分も多く含まれていたように思います。

Th_img_0319Th_img_0310 Th_dscn3823

ドッグスペシャリスト専攻ではオーストラリアのグルーミングサロンを訪問・見学し、日本との違いはもちろんのこと、オーストラリアでのグルーミング犬種の特徴などを学ぶことができました。今回オーストラリアに行きましたので、代表的な動物であるコアラの保護施設にも訪問しました。また、同じ敷地内で牧羊犬のデモストレーションを見学することもできました。

今回、様々な施設を訪問・見学し、たくさんの知識や技術を習得することができたと思います。

|

2012年10月25日 (木)

【1年生】就職活動にむけての特別講義

TCAにはキャリアセンターという学生の就職を専門的にサポートをするスタッフがいます。今回はそのキャリセンターから「11月以降に始まる業界1日実習の説明会」及び、「今後の就職活動」について特別講義をペット系学生対象に実施しました。

内容は、今後の就職活動の流れを説明してもらい、自分たちがどのように就職に対して向き合って行くのかです。

また、12月には就職出陣式を行い、この日を境に、本格的に就職活動がスタートします。そして、目指す企業が決まってきた学生は実際に現場見学などをし、春の研修の準備期間となります。

01224032 01224334 01224320

春休みには業界研修(インターシップ)を行います。分野によって研修期間に差がありますが、3日〜2週間の研修期間を行になります。専攻にもよりますが、この時期はまだまだ業種を絞りきれていない学生さんもいるため、ここでしっかり自分の目標設定ができると良いと思います。就職意識の高い学生は、春の研修で内定をもらう場合もあります。大きな山場は2年生の夏休みの研修になることでしょう。この夏の研修でしっかり内定がもらえるよう、今から少しずつ業界研究をし、現場での経験を多く積むことが大切です。

これから1年生は自分の夢に向かって本格的に動き始める時期がやってきます。みなさん不安や心配はありますが、キャリアセンターや担任の先生を良い意味で活用していただければ、と思います。

|

2012年10月22日 (月)

Sippo FESTA in 幕張メッセ

10月13日(土)・14日(日)に千葉県の幕張メッセにおいて「Sippo Festa」のイベントが行われました。これはNPO法人「WANWAN パーティクラブ」が主催で、犬の殺処分ゼロを目指した社会貢献イベントであり日本で初めての試みになります。

普段よりドッグトレーニング授業等を通じ、犬が人間社会において住みよい環境とは何かを考えることの多い学生たちは、イベントスタッフとして積極的に参加しました。イベントスタッフとして場内の整理や清掃、各種コーナーでのお手伝い、受付でのチケット販売など、各部署に分かれ、それぞれ責任を持って仕事に望みました。

01225056 01225247 01225314

イベントの成功のためという目的意識はもちろんのことですが、この学生スタッフという仕事を通して、将来の仕事に対する意欲や責任感を養うことができたと思います。

01225161 01225201 01225090

イベントにおいては、保護犬の譲渡会といった直接的なものや、ふれあいを通して犬の可愛さ等を実感できるコーナー、あるいは犬の持つ力を最大限引き出したエクストリーム(犬の障害物競走―タイムを争う)の決勝、さらには犬とのダンス、ドッグダンス等もあり、「犬」の飼い主様として犬とともに幸せな生活をおくれるような各種の催し物があり、将来、トレーナーとして飼い主様に様々な提案ができるようなヒントを持ち帰ったものと思われたイベントになりました。

|

2012年10月18日 (木)

ドッグトレーナー専攻ゼミ演習

ドッグトレーナー専攻では2年次から毎週3コマ続きのゼミを選択でおこなっています。ゼミは使役犬ゼミ、家庭犬ゼミ、補助犬ゼミの3つに分かれており、学生たちがそれぞれ進級時に選択しています。卒業年度を迎えるため、ゼミごとでそれぞれテーマを決め、来年1月に行われるwe are TCA(卒業・進級制作発表展)の発表を目指しています。

使役犬ゼミでは「環境に影響を与える外来亀の駆除に関する基礎知識研究」というテーマで外来種の亀の臭いや姿から犬が探し出せるのか研究をおこなっています。現段階では学校にいる犬たちでどこまで出来るのか、犬の性格や種類によって向き・不向きがあるかを模索しているところです。

012d02145 012d02185 012e04140

補助犬ゼミでは「排尿探知犬」をテーマにオムツをしている人が排泄をした際に犬が感知して周囲の人に知らせる犬をトレーニングします。高齢犬でもできるようにし、一般の家庭内で活躍をすることで、犬たちの生きがいになることを目指しています。

012h07499 012e04174 012e04292

家庭犬ゼミでは「老犬との暮らし方」をテーマにしています。ペットブームにより高齢犬が確実に増えてくる現状があります。そこで、今後犬業界で仕事をしてゆく中で飼い主に伝えていける老犬との暮らし方について、心がまえや必要な準備について研究しています。今年度は社会貢献や福祉に関わるテーマが多くなっています。今回の研究内容を卒業後、多くの人々に伝えて、より良い犬社会になって行くことを願っています。

|