動物園・動物飼育専攻

2013年8月 1日 (木)

クレイグ先生によるドッグトレーニング特別講義

オーストラリアで警察犬をはじめとする特殊犬訓練士で、本校の特別顧問でもある「クレイグ・マレイ氏」がパートナーでもあるトレシー・マレイ氏とともに来日され、特別講義が開催されました。



Img_0002_3Img_0015_4


講義内容は、トレーニングを行なうにあたっての気持ちから始まりました。つい忘れがちである「犬」と「人間」の違いを改めて問われたことで、再認識した学生も多くいたように思われます。トレーニング時、人間に接するように行なってしまいがちな行動を改めて感じることができました。



犬のトレーニング方法
(表現力や犬への褒め方)において、日本とオーストラリアでの違いや、犬へ報酬を与えるタイミングとテクニックが重要であるということ、良いことと悪いことの違いを明確にさせることが必要であるなど、基本的なことから発展性のある内容まで多岐にわたる内容を勉強することができました。

Img_9954_6Img_9936_3



さらに、実演では学校で飼育している犬を使用してのデモンストレーションを行ないました。学校犬で掃除機が苦手な犬がいるのですが、どう克服させるのか実際に間近で見ることができました。犬への負担を最大限に減らしながら、実際に克服させてしまった技術にはどの学生も驚いていました。全ては「いいこと」と「悪いこと」をはっきり教えることが大事なのだと改めて実感したことと思います。

「褒める」ことと「叱る」ことの区別や「我慢」をさせないことや「可哀そう」と思うことが「甘え」になるということなど、今後トレーニングを続けていく上で良い影響を与えられたことでしょう。デモンストレーションで成果を見た学生たちが、今後どのようにトレーニングに励んでいくのか楽しみでもあります。


Img_9982_3


また、ドッグトレーナー専攻、ドッグスペシャリスト専攻では、今秋に予定されている海外実学研修において、現地でクレイグ・マレイ氏の施設を訪問する予定です。実際どのような環境でトレーニングされているのか、またどのような講義内容を用意されているのか、期待は高まります。

|

オーストラリアで警察犬をはじめとする特殊犬訓練士で、本校の特別顧問でもある「クレイグ・マレイ氏」がパートナーでもあるトレシー・マレイ氏とともに来日され、特別講義を実施されました。

Img_9954_5

講義内容は、トレーニングを行なうにあたっての気持ちから始まりました。つい忘れがちである「犬」と「人間」の違いを改めて問われたことで、再認識した学生も多くいたように思われます。トレーニング時、人間に接するように行なってしまい

がちな行動を改めて感じることができました。

Img_0002_2Img_0015_3


犬のトレーニング方法(表現力や犬への褒め方)において、日本とオーストラリアでの違いや、犬へ報酬を与えるタイミングとテクニックが重要であるということ、良いことと悪いことの違いを明確にさせることが必要であるなど、基本的なことから発展性のある内容まで多岐にわたる内容を勉強することができました。

さらに、実演では学校で飼育している犬を使用してのデモンストレーションを行ないました。学校犬で掃除機が苦手な犬がいるのですが、どう克服させるのか実際に間近で見ることができました。犬への負担を最大限に減らしながら、実際に克服させてしまった技術にはどの学生も驚いていました。全ては「いいこと」と「悪いこと」をはっきり教えることが大事なのだと改めて実感したことと思います。


Img_9916


Img_9954_4


Img_9954_3



Img_9954_2


「褒める」ことと「叱る」ことの区別や「我慢」をさせないことや「可哀そう」と思うことが「甘え」になるということなど、今後トレーニングを続けていく上で良い影響を与えられたことでしょう。デモンストレーションで成果を見た学生たちが、今後どのようにトレーニングに励んでいくのか楽しみでもあります。




Img_9982_2

また、ドッグトレーナー専攻、ドッグスペシャリスト専攻では、今秋に予定されている海外実学研修において、現地でクレイグ・マレイ氏の施設を訪問する予定です。実際どのような環境でトレーニングされているのか、またどのような講義内容を用意されているのか、期待は高まります。

|

2013年2月21日 (木)

スポーツフェスタ

2月14日に浦安総合体育館にてスポーツフェスタを開催しました!

スポーツフェスタは毎年2月に行われるTCAの人気イベントの一つです。

スポーツ好きな人もそうでない人も楽しめるように、様々な種目を取り揃えてみんなで和気あいあい楽しめるイベントになっています。

Img01745_4Img01707_2

怪我をしないように、準備体操をして、「TCA○×ウルトラクイズ」からスタート!!

P1040848P1040843 

その後はチームに分かれてバレーとバスケットボールの対抗戦を行いました。

皆さん、この日の為に放課後を利用し練習をしていたそうです。

P1040903 P1040974

その後は、各ワールド対抗「綱引き」 これが予想以上の大盛り上がりで、白熱した試合になりましたよー!

P1040998 P1040985

障害物競走では、仮装・二人三脚などを交えてワールド対抗で行いました。

Img01741 Img01746 

 

各種目の入賞チームには景品も贈呈され、皆さん喜んでいましたね。優勝できなかったチームは来年のスポーツフェスタに向けて練習に励んでくださいね!

一日お疲れ様でした。

Img01748 Img01728_2 

|

2012年10月25日 (木)

【1年生】就職活動にむけての特別講義

TCAにはキャリアセンターという学生の就職を専門的にサポートをするスタッフがいます。今回はそのキャリセンターから「11月以降に始まる業界1日実習の説明会」及び、「今後の就職活動」について特別講義をペット系学生対象に実施しました。

内容は、今後の就職活動の流れを説明してもらい、自分たちがどのように就職に対して向き合って行くのかです。

また、12月には就職出陣式を行い、この日を境に、本格的に就職活動がスタートします。そして、目指す企業が決まってきた学生は実際に現場見学などをし、春の研修の準備期間となります。

01224032 01224334 01224320

春休みには業界研修(インターシップ)を行います。分野によって研修期間に差がありますが、3日〜2週間の研修期間を行になります。専攻にもよりますが、この時期はまだまだ業種を絞りきれていない学生さんもいるため、ここでしっかり自分の目標設定ができると良いと思います。就職意識の高い学生は、春の研修で内定をもらう場合もあります。大きな山場は2年生の夏休みの研修になることでしょう。この夏の研修でしっかり内定がもらえるよう、今から少しずつ業界研究をし、現場での経験を多く積むことが大切です。

これから1年生は自分の夢に向かって本格的に動き始める時期がやってきます。みなさん不安や心配はありますが、キャリアセンターや担任の先生を良い意味で活用していただければ、と思います。

|

2012年10月11日 (木)

【海外実学研修】オーストラリア・アフリカ ~動物園・動物飼育専攻~

本校の教育理念の一つである「国際教育」の一環として動物園・動物飼育専攻1年生を対象に「アフリカ研修」・「オーストラリア研修」が実施されました。本校では「動物園・動物飼育専攻」と「野生動物保護専攻」の学生に限り、「オーストラリア研修」か「アフリカのケニア研修」のどちらかを選ぶことができます。

アフリカ研修は8日間で、下記施設を中心に行ないました。

Img_4343_3 Img_4607_3 Img_4650_2 

■ジラフセンター - キリンへの餌やり、ふれあい
■象の孤児院 - サイや象などの孤児動物保護施設見学
■ナイロビ国立公園 - 野生動物ウォッチング、ゲームサファリ
■アンボセリ国立公園 - 野生動物ウォッチング、ゲームサファリ
■マサイ村訪問 - 原住民マサイ族の生活見学
■ケニア人宅フェアーウエルパーティー - 歓迎ダンスと豪華ディナーパーティー

人類の原点とされるアフリカで、沢山の野生動物に出会う感動はとても大きかったと事と思います。

また、オーストラリアは下記スケジュールで行ないました。

Dscf0734_3 Dscf1319_2 Dscf1151_2

■ローンパインコアラサンクチュアリ - コアラと肉食獣のフィーディングツアー
■ブリスベンフォレストパーク - ブッシュウォーク/ウォーカパウトクリーク ブッシュウォーク
■RSPCA(国立動物虐待防止協会) - 施設見学/ターゲットトレーニングデモンストレーション
■オーストラリア動物園 - 飼育員プレゼンテーション/クロコダイルショー
■ドリームワールド - バックヤードツアー/トラショー
■カランビンワイルドライフサンクチュアリー - ワイルドナイトアドベンチャーツアー/カランビン動物病院/アボリジニダンズ/コアラトーク

世界の動物・エコ業界先進国であるオーストラリアでの実習は最先端の知識や技術を身に付け国際性を身に付け海外で活躍する可能性が広がったと思います。日本とは異なった文化や動物・植物・自然の考え方に触れ、コミュニケーション力、人間力の向上にも繋がった今回の海外実学研修は、学生一人ひとりの記憶にとても大きく残ったものとなりました。

|

2012年6月18日 (月)

まかいの牧場実習

動物園・動物飼育専攻の1年生を対象に静岡県朝霧高原にある「まかいの牧場」にて実習を行いました。クラス実習としては入学後初の3泊4日宿泊実習となり、緊張と期待に満ちた実習になったと思います。

P1030271 P1030243  P1030089

実習では牛や馬、ヤギ、羊といった家畜の飼育管理や、牧場で行っている畑作業、運営設備整備など学校では学べない経験が出来ました。梅雨ということもあり、途中、雨の中での実習にもなりましたが、学生同士が協力して過ごした4日間はこれからの学園生活の大きな支えになったと思います。

P1030064P1030113 P1030215

また、将来目指していく現場の方からの直接指導やお話を聞くことによって、それぞれが良い刺激を受けて帰って来た様子でした。今回の経験が今後の進路選択にも繋がっていくことを期待しております。

P1030130 P1030276 P1030279

             

|

2012年5月15日 (火)

羊の毛刈り実習

5月7日に動物園・動物飼育専攻1年生を対象に「ヒツジの毛刈り」の特別講義を行いました。「畜産概論」を教えて頂いている、工藤悟先生の特別講義でした。

P1020504P1020520

週末に実習を行っている「福田牧場」より6頭のヒツジをお借りして、先生のデモンストレーションの後、各自が実際に毛刈りを体験しました。日頃、生活の中で関わっているけれども知らなかったヒツジの毛の利用法、今後の牧場実習等でも行うヒツジの扱い方・保定方法を学びました。

P1020528P1020529

保定とは、動物に処置をする時に安全かつ負担の無いように抱きかかえる方法の事を言います。就職後は、様々な場面で動物たちの保定をしなければならない為、このような実習を通して動物の扱い方を学んでいきます。きっと将来役に立つことでしょう。

P1020535P1020586

|

2011年12月 4日 (日)

小須田牧場実習 ~動物園・動物飼育専攻~

  動物園・動物飼育専攻の1年生が山梨県にある小須田牧場にて2泊3日の牧場実習を行ってきました。この実習は、観光牧場と乗馬クラブの両面を持つ小須田牧場で、馬(大型動物)の飼養管理と、牧場管理(牧場の仕事)について学ぶ宿泊実習です。

P1010349 P1010360
牧場長の小須田先生に挨拶をし実習スタートです!

馬の飼養管理では馬の飼育・厩舎作業などの仕事を通して馬一頭一頭の管理の仕方を体験を通して学ぶことが出来ました。また、お昼からは乗馬を通して馬とのコミュニケーションのとり方を学びました。乗馬中は皆さんとても真剣な表情で馬とコミュニケーションをとっていましたね。

P1010370 P1010371
乗馬実習では小須田先生の指導のもと真剣に馬とコミュニケーションをとります

牧場管理実習では、牧場の仕事に欠かす事のできない、薪割り・新しい厩舎作り・牧草狩りなどを体験しました。

P1010531P1010495
薪割りや牧草刈りなど牧場の仕事に必要な作業も体験します 

この実習に参加をする学生の多くは乗馬初体験であり、今回の体験がきっかけで乗馬の面白さに気づき、馬の仕事に興味を持つ方も多いようです。毎年十数名の学生は乗馬クラブや生産・観光牧場、競争馬育成牧場へ就職をします。2泊3日の牧場実習お疲れ様でした。 

|