ドルフィントレーナー専攻

2013年2月21日 (木)

スポーツフェスタ

2月14日に浦安総合体育館にてスポーツフェスタを開催しました!

スポーツフェスタは毎年2月に行われるTCAの人気イベントの一つです。

スポーツ好きな人もそうでない人も楽しめるように、様々な種目を取り揃えてみんなで和気あいあい楽しめるイベントになっています。

Img01745_4Img01707_2

怪我をしないように、準備体操をして、「TCA○×ウルトラクイズ」からスタート!!

P1040848P1040843 

その後はチームに分かれてバレーとバスケットボールの対抗戦を行いました。

皆さん、この日の為に放課後を利用し練習をしていたそうです。

P1040903 P1040974

その後は、各ワールド対抗「綱引き」 これが予想以上の大盛り上がりで、白熱した試合になりましたよー!

P1040998 P1040985

障害物競走では、仮装・二人三脚などを交えてワールド対抗で行いました。

Img01741 Img01746 

 

各種目の入賞チームには景品も贈呈され、皆さん喜んでいましたね。優勝できなかったチームは来年のスポーツフェスタに向けて練習に励んでくださいね!

一日お疲れ様でした。

Img01748 Img01728_2 

|

2012年11月26日 (月)

【海洋ワールド】分野別ゼミ

海洋ワールド3専攻(ドルフィントレーナー専攻、水族館・アクアリスト専攻、海洋生物保護専攻)では、2年生になると就職希望分野別にゼミの授業を行なっております。学生一人ひとりの就職希望分野が多岐にわたる為、それぞれの分野に分かれて専門性の高い授業を受けていくことができます。現在は7名の講師のご協力のもと分野別ゼミを開催しています。

【水族館ゼミⅠ】講師:前田尚先生
水族館での就職を希望している学生が選択をしている授業になります。水族館の見学を通して各水族館の特徴を知り、その水族館を紹介する新聞作成を行っています。今まで、葛西臨海水族園、京急油壺マリンパークの見学を実施しました。各水族館でバックヤードも見学させて頂き、飼育管理方法の違いやろ過システムなどについて勉強をしています。

Dscn2166 Dscn2219 Dscn2181

【水族館ゼミⅡ】講師:白井芳弘先生
水族館ゼミⅠ同様に水族館での就職を希望している学生が選択をしている授業になります。この授業では、海で採集してきた「ウニ・ナマコ・ヒトデ」などを飼育管理しています。そしてこの生物を小学校へ連れて行き「海の生物ふれあい教室」をおこなっています。小学校の先生方からは高い評価を頂いております。

P1010324 P1010344 P1010431

【水族館ゼミⅢ】講師:北村正一先生
イルカのトレーニングについてさらに勉強をしたいという学生が選択をしている授業です。この授業では、イシダイを実際に飼育管理し、トレーニングを行っています。同様にトレーニングを行っている京急油壺マリンパークへ見学へ行き、実際のトレーニング風景を見学したり、普段管理している中で疑問に思ったことなどを伺うことができました。さらに学園祭では実際にイシダイショーを行い、多くの方々に見て頂くことができました。人前で話すことの難しさなども同時に学ぶことができました。

7s_ Img_2680 171 

【ダイビングゼミ】講師:山本哲也先生
ダイビング業界へ就職を希望する学生が選択をしている授業です。ダイビングのツアーを考え、それを提供するという活動を企画し、まもなく実施する予定です。ダイビングインストラクターを目指しているメンバーのため、参加される方々へのケアや、お客様に楽しんで頂くためのテクニックなどを実際の経験を通して学びます。

P1020061P1020151_2 P1020152  

【海洋生物保護ゼミ】講師:菅原茂先生
この授業を担当する菅原先生は能登島イルカ海洋研究所の所長をされており、1年次にドルフィントレーナー専攻は研究所にてクラス実習も行っております。今年も1年生の実習が行われ、2年生は現地で実習のサポートを行いました。海の生物について説明をしたり、ドルフィンスイムについてのレクチャーなども行いました。どの学生も1年生をしっかりとサポートすることができ、大きく成長した姿を見ることができました。

1s_ P1010596 P1010602

【ショップゼミⅠ】講師:土屋俊朗先生
アクアショップや卸問屋、リースメンテナンス業へ就職を希望する学生が選択をしている授業です。授業の中では、興味のある分野別にわかれてチームを組みそれぞれで研究テーマを持ち、活動しています。アクアルームで飼育をしている魚を繁殖しているチームや釣りに使われるルアーについて研究をしているチームもあります。最後にはそれぞれが活動した内容を発表する機会を設け、人前で発表するということも経験してもらう予定です。

Photo Dscn5289 Dscn5281

【ショップゼミⅡ】講師:戸津健治先生
ショップゼミⅠと同様にアクアショップなどでの就職を希望している学生が選択をしている授業です。中でも水草やレイアウト水槽に興味のある学生が集まっています。現在は、第3校舎エントランスにある180センチある水槽で水草のディスプレイを作成しています。

Dscn3712Dscn373201226567   

|

2012年10月30日 (火)

ドルフィントレーナー専攻 和歌山実習

  この実習は、①「ドルフィン・ベェイス」でイルカの基礎トレーニングを習得②「太地町立くじらの博物館」で日本の捕鯨文化について学ぶ③日本最大級の「名古屋港水族館」でシャチのパフォーマンスや日本初のシロイルカの繁殖事例など普段学べないことを学び、目標に対するモチベーションを持続させる④クラス実習の集大成を図るを目的として行われました。

314_2

5月にもイルカへサインを出すトレーニング実習を行っており、その経験や今まで勉強してきたことを活かして再度、実際にイルカにサインを出すトレーニングを行いました。以前よりは、余裕が感じられるところもあり、5月のときよりも大きく成長した姿が見られました。

2 5 6

夕食後は、ドルフィンベェイスのスタッフの方から仕事に対する考え方や在学中にしておかなければいけないことなどのお話を聞くことができ、就職へ向けての意欲がさらに増したのではないかと思います。太地町は捕鯨の町で知られており、太地町立くじらの博物館では捕鯨の文化や歴史、鯨類の骨格や 体の仕組みを見学しました。博物館ですが、実際にくじらの仲間を飼育しているためショーも見学をしました。さらにTCA卒業生である渡邉さんに仕事の内容や施設の特徴等のレクチャーも して頂きました。

1_2 3_2 2_2

|

2012年10月25日 (木)

【1年生】就職活動にむけての特別講義

TCAにはキャリアセンターという学生の就職を専門的にサポートをするスタッフがいます。今回はそのキャリセンターから「11月以降に始まる業界1日実習の説明会」及び、「今後の就職活動」について特別講義をペット系学生対象に実施しました。

内容は、今後の就職活動の流れを説明してもらい、自分たちがどのように就職に対して向き合って行くのかです。

また、12月には就職出陣式を行い、この日を境に、本格的に就職活動がスタートします。そして、目指す企業が決まってきた学生は実際に現場見学などをし、春の研修の準備期間となります。

01224032 01224334 01224320

春休みには業界研修(インターシップ)を行います。分野によって研修期間に差がありますが、3日〜2週間の研修期間を行になります。専攻にもよりますが、この時期はまだまだ業種を絞りきれていない学生さんもいるため、ここでしっかり自分の目標設定ができると良いと思います。就職意識の高い学生は、春の研修で内定をもらう場合もあります。大きな山場は2年生の夏休みの研修になることでしょう。この夏の研修でしっかり内定がもらえるよう、今から少しずつ業界研究をし、現場での経験を多く積むことが大切です。

これから1年生は自分の夢に向かって本格的に動き始める時期がやってきます。みなさん不安や心配はありますが、キャリアセンターや担任の先生を良い意味で活用していただければ、と思います。

|

2012年7月17日 (火)

能登島イルカ海洋研究所実習

7月5日~7日にドルフィントレーナー専攻の学生が石川県能登島にて実習を行いました。今回の実習では、能登島イルカ海洋研究所でドルフィンスイムやナイトスノーケリング、のとじま水族館の見学がメインとなります。

能登島イルカ海洋研究所は、本校副校長の菅原先生が所長を務めている施設です。ここでは、ドルフィンスイム(野生のイルカと泳ぐ)やナイトシュノーケリング(ウミホタルの観察)、野外キャンプなどの自然体験活動と「のとじま水族館」の見学を行いました。

P1010596 P1010617 P1010626

野生のイルカは、こちらから近付くのではなく、イルカが近付いてくるまで待つといった飼育下とは違ったルールがあります。また、水中で動いているイルカの個体識別の難しさも体感しました。

のとじま水族館は、日本でも5館しか飼育されていないジンベイザメを有する水族館でもあります。水族館全体を2年生が解説をしながら見学しイルカショー・アシカショーを鑑賞しました。

P1010661 P1010649 P1010771

これまでの実習では、水族館やイルカのふれ合い施設など、飼育下のイルカの実習がほとんどでしたが、野生のイルカと関わる仕事、インタープリター(自然保護観察員)、ドルフィンスイムインストラクターなど新たな仕事にふれて、さらに将来目指す方向性を考える良いきっかけとなりました。

|

2012年7月 5日 (木)

ダイビング実習

  水族館や海に関わる仕事では、ダイビングのライセンスが必要にることが多くあります。そこで、ダイビングのライセンスを取得するために、ドルフィントレーナー専攻と水族館・アクアリスト専攻は伊豆大島へ、海洋生物保護専攻は伊豆稲取へ実技講習へ行きました。

120529134902 120529162137 120531093737

ほとんどの学生が、海に潜ることが初めてで、息をすること、方向転換することなど普段無意識に行っている動作の1つをとっても、海の中で行う難しさを体験しました。ダイビングをすることで、今までイルカにしか興味がなかった学生さんも海の世界を見ることで、海に生息する魚や、海の環境について興味を持つようになり視野を広く持つことができました。 

120601110934 120531103328 120601132459_2  

決して全員がスムーズにできたわけではなく、諦めかけそうになった学生もいました。そんな時は、仲間が励ましてくれ、そのおかげで、ダイビング実習を終えることができました。ライセンスを取得する大変さと仲間の大切さを実感することができた実習でした。

120529134015_4 

|

2012年5月30日 (水)

水族館見学実習

   5月15日~17日にドルフィントレーナー専攻、水族館・アクアリスト専攻を対象に水族館やイルカのふれあい施設等での実習を行いました。

この実習では全体で「あわしまマリンパーク」、「下田海中水族館」を見学した後、ドルフィントレーナー専攻は、「伊豆三津シーパラダイス」、「ドルフィンファンタジー」へ、水族館・アクアリスト専攻は、「伊豆中央水産」(卸問屋)を見学しました。

ドルフィントレーナー専攻では3つの水族館を見学し、それぞれの施設の特徴や取り組み、展示方法の工夫や飼育されている動物たちの生態などを知ることができました。また、それぞれの水族館で卒業生から話を聞くことができ、在学期間にしておくこと、研修(インターンシップ)の大切さなどを知ることができました。

Img_2831Img_2671 Img_2593

「ドルフィンファンタジー」(イルカのふれあい施設)では、イルカの健康管理やトレーニングを実際に体験し、その難しさを学ぶことができました。最後にはイルカと一緒に泳ぐこともできました。

P5160014 Img_2916Img_2895 

水族館・アクアリスト専攻の実習では、「伊豆中央水産株式会社」へ見学にも行きました。「伊豆中央水産株式会社」は名古屋港水族館などの水族館に魚を搬入する卸問屋で、そこで学生たちは様々な珍しい生体を間近で観察することが出来ました。TCAに入るまでは「卸問屋」という仕事を知る機会も少なかったかと思いますが、今回の実習を機に「卸問屋」の仕事に興味を持った学生もいました。

また、「あわしまマリンパーク」では、現役の水族館スタッフによるレクチャー及びナイトツアーを行いました。ナイトツアーでは普段なかなか見ることの出来ない魚・イルカ・アシカ・爬虫類の夜の姿を見ることができました。また、水族館での仕事を実際に体験するため、生物の管理や建物の掃除、グループに分かれて魚の採集や水槽の清掃などを行いました。実際の水族館での仕事を体験し貴重な時間を過ごすことができました。

Img_2902 Img_2921 Img_2928

この実習で、将来の仕事に必要な技術を身につけると共に、業界で活躍する卒業生たちを通じ、現場の空気に実際にふれることで、仕事の楽しさや厳しさだけでなく、業界が求める人材について再確認できました。また、学生さんそれぞれの目標を再認識できる良いきっかけとなりました。

|

2011年12月 2日 (金)

ドルフィントレーニング実習・鯨の歴史について学ぶ ~ドルフィントレーナー専攻~

この秋にドルフィントレーナー専攻の一年生はクラスごとに和歌山県太地町での実習に参加をしました。太地は「捕鯨の町」として知られ、くじらの博物館では捕鯨の文化や歴史、鯨類の骨格や体の仕組みを見学し、学生たちは熱心にメモを取りながら説明を聞いていました。

Cimg3370 Cimg3423
真剣にメモを取りながら鯨の歴史・種類・骨格・体の仕組みを学びます

こちらの施設では、くじらの仲間を飼育しているのでそのショーを見学、TCAドルフィントレーナー専攻の卒業生の渡邉さんに仕事の内容などのレクチャーをしていただきました。また、とても珍しい腹びれのあるイルカの見学もする事ができ、学生は大満足!!

Cimg3409 Cimg3393
卒業生のイルカショーを見学しながら、サイン出し・エサをあげるタイミングなどの技術を盗みます

そして、イルカのトレーニング・ふれあい施設の「ドルフィンベェイス」では、イルカの飼育方法やトレーニング・ドルフィンスイムを実習を通して学びました。水族館とは違うイケス飼育の方法から、実際にイルカにサインを出すトレーニング、イルカと一緒に泳ぐドルフィンスイムを行いとても充実した実習となりました。

Cimg3574 Cimg3566 Cimg3545
ショーを見学した後は、自分たちでサイン出し・ドルフィンスイムの実習を行いました

今回の実習で学生達は常にメモを取り、積極的にトレーナーに質問・大きな声での挨拶や返事など一生懸命に実習に望む姿勢がうかがえました。

Cimg3445
2泊3日の和歌山実習お疲れ様でした!

|