海洋生物保護専攻

2013年2月21日 (木)

スポーツフェスタ

2月14日に浦安総合体育館にてスポーツフェスタを開催しました!

スポーツフェスタは毎年2月に行われるTCAの人気イベントの一つです。

スポーツ好きな人もそうでない人も楽しめるように、様々な種目を取り揃えてみんなで和気あいあい楽しめるイベントになっています。

Img01745_4Img01707_2

怪我をしないように、準備体操をして、「TCA○×ウルトラクイズ」からスタート!!

P1040848P1040843 

その後はチームに分かれてバレーとバスケットボールの対抗戦を行いました。

皆さん、この日の為に放課後を利用し練習をしていたそうです。

P1040903 P1040974

その後は、各ワールド対抗「綱引き」 これが予想以上の大盛り上がりで、白熱した試合になりましたよー!

P1040998 P1040985

障害物競走では、仮装・二人三脚などを交えてワールド対抗で行いました。

Img01741 Img01746 

 

各種目の入賞チームには景品も贈呈され、皆さん喜んでいましたね。優勝できなかったチームは来年のスポーツフェスタに向けて練習に励んでくださいね!

一日お疲れ様でした。

Img01748 Img01728_2 

|

2012年11月26日 (月)

【海洋ワールド】分野別ゼミ

海洋ワールド3専攻(ドルフィントレーナー専攻、水族館・アクアリスト専攻、海洋生物保護専攻)では、2年生になると就職希望分野別にゼミの授業を行なっております。学生一人ひとりの就職希望分野が多岐にわたる為、それぞれの分野に分かれて専門性の高い授業を受けていくことができます。現在は7名の講師のご協力のもと分野別ゼミを開催しています。

【水族館ゼミⅠ】講師:前田尚先生
水族館での就職を希望している学生が選択をしている授業になります。水族館の見学を通して各水族館の特徴を知り、その水族館を紹介する新聞作成を行っています。今まで、葛西臨海水族園、京急油壺マリンパークの見学を実施しました。各水族館でバックヤードも見学させて頂き、飼育管理方法の違いやろ過システムなどについて勉強をしています。

Dscn2166 Dscn2219 Dscn2181

【水族館ゼミⅡ】講師:白井芳弘先生
水族館ゼミⅠ同様に水族館での就職を希望している学生が選択をしている授業になります。この授業では、海で採集してきた「ウニ・ナマコ・ヒトデ」などを飼育管理しています。そしてこの生物を小学校へ連れて行き「海の生物ふれあい教室」をおこなっています。小学校の先生方からは高い評価を頂いております。

P1010324 P1010344 P1010431

【水族館ゼミⅢ】講師:北村正一先生
イルカのトレーニングについてさらに勉強をしたいという学生が選択をしている授業です。この授業では、イシダイを実際に飼育管理し、トレーニングを行っています。同様にトレーニングを行っている京急油壺マリンパークへ見学へ行き、実際のトレーニング風景を見学したり、普段管理している中で疑問に思ったことなどを伺うことができました。さらに学園祭では実際にイシダイショーを行い、多くの方々に見て頂くことができました。人前で話すことの難しさなども同時に学ぶことができました。

7s_ Img_2680 171 

【ダイビングゼミ】講師:山本哲也先生
ダイビング業界へ就職を希望する学生が選択をしている授業です。ダイビングのツアーを考え、それを提供するという活動を企画し、まもなく実施する予定です。ダイビングインストラクターを目指しているメンバーのため、参加される方々へのケアや、お客様に楽しんで頂くためのテクニックなどを実際の経験を通して学びます。

P1020061P1020151_2 P1020152  

【海洋生物保護ゼミ】講師:菅原茂先生
この授業を担当する菅原先生は能登島イルカ海洋研究所の所長をされており、1年次にドルフィントレーナー専攻は研究所にてクラス実習も行っております。今年も1年生の実習が行われ、2年生は現地で実習のサポートを行いました。海の生物について説明をしたり、ドルフィンスイムについてのレクチャーなども行いました。どの学生も1年生をしっかりとサポートすることができ、大きく成長した姿を見ることができました。

1s_ P1010596 P1010602

【ショップゼミⅠ】講師:土屋俊朗先生
アクアショップや卸問屋、リースメンテナンス業へ就職を希望する学生が選択をしている授業です。授業の中では、興味のある分野別にわかれてチームを組みそれぞれで研究テーマを持ち、活動しています。アクアルームで飼育をしている魚を繁殖しているチームや釣りに使われるルアーについて研究をしているチームもあります。最後にはそれぞれが活動した内容を発表する機会を設け、人前で発表するということも経験してもらう予定です。

Photo Dscn5289 Dscn5281

【ショップゼミⅡ】講師:戸津健治先生
ショップゼミⅠと同様にアクアショップなどでの就職を希望している学生が選択をしている授業です。中でも水草やレイアウト水槽に興味のある学生が集まっています。現在は、第3校舎エントランスにある180センチある水槽で水草のディスプレイを作成しています。

Dscn3712Dscn373201226567   

|

2012年11月22日 (木)

オーストラリア海外実学研修 ~海洋生物保護専攻~

海洋生物保護専攻では、11月14日~21日にオーストラリア海外実学研修へ行って来ました。今回の海外実学研修では、海洋生物と野生動物保護の分野を中心に学びました。

Dscn2933 Dscn3177 Dscn3408

オーストラリア固有種である有袋類のコアラやカンガルー、カモノハシのレクチャーや世界で3番目に大きな砂で出来た島、ノースストラドブローグ島での野生のウミガメやイルカの観察、星の観察を行い、テントで宿泊をし、シーワールドでは魚の水槽で泳ぎ、ショーを見学しました。

Dscn3210 Dscn3246 Dscn3350

野生動物保護施設であるデビット・フレイワイルドライフパークでは絶滅の危機に瀕した動物の実態を知ることが出来ました。またオーストラリア研修ではホームステイを行っており、慣れない土地で慣れない言葉に苦戦しながらもホストファミリーと楽しいひと時を過ごせたようです。この研修が野生動物を見て楽しむだけの研修ではなく、参加した学生一人ひとりが有意義であったと感じさせられることの多い研修となったと思います。

|

2012年10月25日 (木)

【1年生】就職活動にむけての特別講義

TCAにはキャリアセンターという学生の就職を専門的にサポートをするスタッフがいます。今回はそのキャリセンターから「11月以降に始まる業界1日実習の説明会」及び、「今後の就職活動」について特別講義をペット系学生対象に実施しました。

内容は、今後の就職活動の流れを説明してもらい、自分たちがどのように就職に対して向き合って行くのかです。

また、12月には就職出陣式を行い、この日を境に、本格的に就職活動がスタートします。そして、目指す企業が決まってきた学生は実際に現場見学などをし、春の研修の準備期間となります。

01224032 01224334 01224320

春休みには業界研修(インターシップ)を行います。分野によって研修期間に差がありますが、3日〜2週間の研修期間を行になります。専攻にもよりますが、この時期はまだまだ業種を絞りきれていない学生さんもいるため、ここでしっかり自分の目標設定ができると良いと思います。就職意識の高い学生は、春の研修で内定をもらう場合もあります。大きな山場は2年生の夏休みの研修になることでしょう。この夏の研修でしっかり内定がもらえるよう、今から少しずつ業界研究をし、現場での経験を多く積むことが大切です。

これから1年生は自分の夢に向かって本格的に動き始める時期がやってきます。みなさん不安や心配はありますが、キャリアセンターや担任の先生を良い意味で活用していただければ、と思います。

|

2012年9月24日 (月)

【企業プロジェクト】横浜ECOアクア 海の学校2012

毎年TCAでは様々な企業様から依頼をいただきプロジェクト・イベントに取り組んでいます。9月には横浜の赤レンガ倉庫にて「横浜ECOアクア 海の学校2012」というイベントが行われました。このイベントは、観賞魚の普及と鑑賞魚業界の親交を目的として行われ、今年で3回目となりました。

Dscn5089 Dscn4891 Dscn5088

当日は天候にも恵まれ、水族館・アクアリスト専攻、ドルフィントレーナー専攻の学生がイベント運営スタッフとして参加し、生体の管理や来場者への対応などを行いました。業界の方と接する際の言葉遣いの難しさや接客の大変さを学ぶことができました。

Dscn4916 Dscn4871 Dscn4876

全員が一丸となってイベントを成功させることができ、イベントに出展された多くの企業の方々から高評価を頂きました。また、観賞魚業界の方から直接お話を伺うこともでき、有意義な時間を過ごすことができました。さらに多くの卒業生がそれぞれの企業ブースやレイアウト水槽の出展などで活躍していました。間近で卒業生の活躍をみることができ、在校生たちは卒業後の自分の姿をよりリアルに想像することができたのではないかと思います。

Dscn4974 Dscn5097 Dscn5182

|

2012年7月18日 (水)

相模湖カヌー実習

  7月上旬に相模湖「みの石滝キャンプ場」にて野生動物保護専攻1年生と海洋生物保護専攻1年生がカヌー実習を行ないました。

Dscf4901 Dscf4906 Dscf4926 

目的は①カヌー・カヤックパドル検定取得、②キャンプ技術習得、③フィールドワークです。カヌー・カヤックパドルⅠⅡ検定試験に向けての講習を重ね、早朝からの自主練習にも積極的に参加し、参加者全員が合格することが出来ました。

Dscf5033 Dscf5104Dscf4944 

また最終日には身に付けた操作技術を用いて相模湖を一周しました。

Dscf4952 Dscf5682 Dscf5708 

今年、新設された海洋生物保護専攻との初めての合同宿泊実習でもあり、他専攻との親睦を深め、多くのコミュニケーションを図る場にもなりました。

|

2012年7月 5日 (木)

ダイビング実習

  水族館や海に関わる仕事では、ダイビングのライセンスが必要にることが多くあります。そこで、ダイビングのライセンスを取得するために、ドルフィントレーナー専攻と水族館・アクアリスト専攻は伊豆大島へ、海洋生物保護専攻は伊豆稲取へ実技講習へ行きました。

120529134902 120529162137 120531093737

ほとんどの学生が、海に潜ることが初めてで、息をすること、方向転換することなど普段無意識に行っている動作の1つをとっても、海の中で行う難しさを体験しました。ダイビングをすることで、今までイルカにしか興味がなかった学生さんも海の世界を見ることで、海に生息する魚や、海の環境について興味を持つようになり視野を広く持つことができました。 

120601110934 120531103328 120601132459_2  

決して全員がスムーズにできたわけではなく、諦めかけそうになった学生もいました。そんな時は、仲間が励ましてくれ、そのおかげで、ダイビング実習を終えることができました。ライセンスを取得する大変さと仲間の大切さを実感することができた実習でした。

120529134015_4 

|

2012年7月 3日 (火)

銚子海洋研究所実習

  海洋生物保護専攻では、6月30日千葉県にある銚子海洋研究所へイルカウォッチングに行きました。しかし当日は海況不良のため船を出すことができずウォッチングをすることが出来ませんでした。今回の見学実習では野生のイルカを見ることやそこで働く卒業生から仕事について学ぶことはもちろんですが夏休みに行われる2週間の宿泊実習での心構えを身に付けるため事前レクチャーを受けることが目的でした。

592_2591597   

ウォッチング以外のプログラムを実施し、実際研究所内やウォッチング船フリッパー号の見学をしたり、銚子の観光名所である屏風ヶ浦(びょうぶがうら)で地層のレクチャーやビーチコーミングのレクチャーを受けました。また、実習中に使用する寮の見学も行いました。

Imagescar0gf2n603615   

今回は船に乗ることは出来ませんでしたが実習中は、ガイドとしての接客方法や船上からの海洋動物の見つけ方、地層の解説を実際の経験を通して学びます。夏休み中の実習は、今後の進路決定のための活動となりますので、何事にも積極的に取り組み、1つでも多くのことを身につけてもらいたいと思います。

|